糖化しない肌作り

糖化予防「運動」

 

糖化を予防するための方法として、運動を取り入れるという事が挙げられています。

 

運動によって体内に蓄積された糖を減少させることが目的なのです。

 

一般的に糖を下げるというと、血液中の糖を連想するでしょう。

 

ですが、体の中に蓄積される糖は細胞の中にも存在します。

 

糖化予防としては、この両方の糖を減少させなければならないのです。

 

なぜなら、血液中の糖を下げる働きのあるインスリンというホルモンは、細胞内の糖を増加させる働きを持っているからです。

 

ではそれを可能にする運動とはどのようなものなのでしょう。

 

それは「有酸素運動」でしょう。

 

様々な運動方法がありますが、両方の糖を積極的に減少させることが出来るのは、有酸素運動だけなのです。

 

手軽にできる有酸素運動としては、ウォーキングがよいでしょう。

 

可能ならば、定期的にウォーキングを取り入れるのが理想的なのです。

 

しかし、それが負担となって挫折してしまうよりは、無理なく続ける方が大切です。

 

最初から曜日や時間をきちんと決めるのではなく、休日や空いた時間に近所を散策する感覚で始める方がいいかもしれません。

 

こういった時間がなかなか取れないという方は、歩く機会を増やすことを意識しましょう。

 

エレベーターやエスカレーターでの移動を階段に替えてみたり、近所の移動を自転車から徒歩に替えてみたりと、積極的に歩く機会を作るようにします。

 

これだけでも糖化予防としては十分に効果があります。

 

「歩く=糖化予防」ということを頭に入れて、毎日の生活を過ごしてみてはいかがでしょうか。

糖化予防「運動」関連エントリー


糖化とはどういったものか、予防法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 糖化を防ぎ若々しい肌を持続させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

糖化予防「運動」