糖化しない肌作り

糖化とコラーゲン

コラーゲンは、お肌を美しく保つために欠かせない成分なのです。

 

コラーゲンは加齢とともに減少することはご存知の方も多いでしょう。

 

しかしそれだけでなく、糖化による影響を受けるものでもあるのです。

 

まずはコラーゲンの重要性について見ていきましょう。

 

私達のお肌には「真皮」という部分があります。

 

真皮は、肌を覆う「表皮」の下にあるもので、その約70%がコラーゲンで出来ています。

 

そしてコラーゲンは、真皮内で網目状にはりめぐらされているのです。

 

この構造の特性から、お肌の弾力や伸縮に大きく関係していることがわかっています。

 

つまり、お肌の張りや柔らかさを保つためには、「コラーゲン」が重要な働きを持っているのです。

 

次に糖化との関係です。

 

コラーゲンはたんぱく質で構成されているのです。

 

糖化は、糖とたんぱく質が結びついてしまうという現象です。

 

ですから、たんぱく質で構成されているコラーゲンにも影響があることはわかるのではないでしょうか。

 

糖化によるコラーゲンへの影響としては次のようなことがあります。

 

・肌の組織同士をつなぐ役割を持っている組織が硬くなる

 

・硬くなった組織を異物と判断してしまい、正常なコラーゲンが分解される

 

このような事が起こる事で、お肌の張りや弾力が失われてしまうのです。

 

さらに糖化が進んでいくと、シワやたるみ、くすみなどのトラブルにもつながっていきます。

 

お肌の美しさを保つために、コラーゲンの生成を助けるようなスキンケアを心がける方が多いでしょう。

 

しかし、体の中で糖化が進んでいる状態では、その努力はなかなか成果につながりません。

 

お手入れの成果がなかなか感じられない方は、糖化について考えてみるといいかもしれませんね。

糖化とコラーゲン関連エントリー


糖化とはどういったものか、予防法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 糖化を防ぎ若々しい肌を持続させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

糖化とコラーゲン