糖化しない肌作り

糖化と糖尿病

糖化によって心配されるのは老化だけではないのです。

 

実は、体の中で糖化が進んでしまうと、病気のリスクも高くなってしまうのです。

 

その代表的なものが「糖尿病」でしょう。

 

糖尿病とは、血液中の血糖が高くなってしまった状態が継続してしまうという病気です。

 

症状としては、喉の渇きや多尿、体重の減少などが挙げられます。

 

糖尿病を発症することで懸念されるのが、合併症でしょう。

 

糖尿病が進行することによって、神経障害、網膜症、腎症などの合併症を引き起こしてしまうのです。

 

これらの引き金となってしまう要因にはどのようなことがあるのでしょうか。

 

糖尿病は生活習慣病と言われているように、積み重ねられた生活習慣が原因になるのはご存知でしょう。

 

しかし近年、糖化が大きく影響していることがわかりました。

 

糖尿病を抱えている方の血液を調べたところ、糖化したたんぱく質が多く含まれていることがわかったのです。

 

糖化したたんぱく質が血液中に増えることで、糖尿病が進行していきます。

 

さらに、糖化によって出来たAGEsという物質の蓄積が、合併症のリスクを高めてしまうのです。

 

AGEsという物質は、一度出来てしまうと簡単に減らすことが出来ません。

 

長期間体内に留まる性質を持っているからなのです。

 

このことから、AGEsの生成する糖化が、糖尿病を進行させてしまう原因と考えられているのです。

 

糖化はあまり聞きなれない言葉ではないでしょうか。

 

また、老化の原因とだけ捉えていた方もいるでしょう。

 

糖化は、私達の体を病に侵してしまう可能性もあるという事を覚えておいた方が良いでしょう。

糖化と糖尿病関連エントリー


糖化とはどういったものか、予防法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 糖化を防ぎ若々しい肌を持続させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

糖化と糖尿病