糖化しない肌作り

糖化とアルツハイマー病

体内で糖化が進むことの影響として「アルツハイマー病」が挙げられています。

 

アルツハイマー病というのは、脳の老化現象なのです。

 

脳を構成している神経細胞が急激に減少することで、正常な働きが困難になり、認知症になっていく怖い病気なのです。

 

この病気の原因として、糖化が注目されています。

 

なぜなら、アルツハイマー病の患者さんを調査した結果、糖化現象で作られるAGEsが通常の3倍存在していることがわかったからなのです。

 

さらに、糖尿病を抱えている方がアルツハイマー病になる確率が高いことも解明されています。

 

糖尿病は、糖化現象が大きく関係する病気の代表とも言われているものなのです。

 

これらのことにより、体の中で起こる糖化は脳にも大きな影響があると考えられるようになってきたのです。

 

糖化は老化を進めるだけでなく、こういった怖い病気の引き金になることも覚えておきましょう。

 

アルツハイマー病を予防するためには、脳の糖化を起こさない環境にすることが大切です。

 

どのようなことをすればいいのでしょうか。

 

お肌などの目で見える部分の糖化現象なら、スキンケアなどである程度カバー出来るかもしれません。

 

しかし、神経の糖化は目に見えない部分で起こるのです。

 

そのため、糖化を抑制する成分を効率的に体に取り入れてあげる必要があるのです。

 

日頃の食生活の中で、糖やたんぱく質が過剰摂取にならないように注意しながら、抗糖化作用のある食品を取り入れるように心がけましょう。

 

また糖尿の傾向がある方は、自己判断せずに医師の指導の下で取り組むのがベストな方法なのです。

糖化とアルツハイマー病関連エントリー


糖化とはどういったものか、予防法などをわかりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 糖化を防ぎ若々しい肌を持続させる方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

糖化とアルツハイマー病